« 神楽坂にて、まったり | Main | 曼餃苑が »

過橋米線@末広町

さて、遅くなってしまいましたが、先週分の更新です。

火曜日、仕事を終えて末広町へと。今日はワタシの食の師匠Hさん主催の食事会で御座います。場所は“過橋米線”、雲南料理のお店です。

駅からすぐのお店に到着するとHさんをはじめ、Kさん、Hっちが既に。その後HKさんとHMさんが到着し、ワタシ含めて6人で、いざ。

えー、食べたもの、

・前菜の盛り合わせ
・アワビの煮込み
・鴨の雲南風姿作り
・アミカサ茸と野菜のあんかけ
・牛蛙の竹筒蒸し
・すっぽんと当帰の蒸し物
・すずきの蒸し物
・冷やし米線
・山珍過橋米線
・デザート

060912_1913_1
まずは前菜、ハチノス、豚耳、くらげ、れんこんの酢の物等々を。どれも美味しかったのですが、特にハチノスが品良く薄切りにされてて、美味。

060912_14
続いてあわびの煮込み。滋味溢れる旨みもさることながら、上にかかった餡が絶妙。なんでもとうもろこしから作ったのだとか。甘みとコクがあって、今まで食べたことの無い味。

続いて鴨。。なんだか缶詰のような(笑)不思議な味がしましたが、肉がほろっととろけて、優しい味。

060912_1942_1
そしてアミカサ茸。きのこと白菜の甘みを、上品な餡がバランスよくまとめてて、これまた美味い~。

そして、牛蛙の蒸し物。文字だけだとどんなものかと思う方もいるでしょうが、蛙、鳥のささ身の様な食感とでも言えば。半分割った竹で供され。これまた上品な餡と相まって、するすると食べてしまい。

続いてすっぽんと当帰の蒸し物、当帰とはセリ科の漢方薬で滋養強壮に良いのだとか。見た目朝鮮人参みたいです。この当帰と生姜とすっぽんから出る旨みが、気鍋で蒸すことによりうまい具合に引き出されていて、これまた美味しい。飲むと身体があったまってきます。滋味溢れるとはこういう事を言うんだなあ、と実感できる味わい。

ここまで紹興酒を飲みつつ、というかどれも美味しすぎて酒、進みまくりです(笑)。あ、美味さにかまけて写真、一部保存に失敗し写真のない料理あり(苦笑)。

A935700pm1_04_1
次がすずきの蒸し物。うーむ、美味しい(としかここまで書いていない 笑)。雲南料理、初めて食べましたがどの料理もさっぱり目の味付け。

そして次には冷やし米線を。米線とは米の麺です。でもフォーの様に平べったくなく、ビーフンの様に細くなく、丸い麺とでも言えば?具沢山で頂きましたが、胡麻だれ(?)がうまいことバランスをとり、具を一体にしてくれる感じ。

そして締めに、お店の名前にもなっている“過橋米線”を。


20060623beisen8
これ、雲南省の名物麺だそうで。名前の由来は科挙の時代にさかのぼるとか。『過橋』とは、『橋を渡る』の意味です。

昔々、中国の「科挙」(歴史的にも有名な無茶苦茶難しい国家試験ですね。浅田次郎の“蒼穹の昴”なんか読むと出てきます)を受験する主人のために、橋を渡って毎日夜食を差し入れする奥さんがいたのだとか。で、奥さんは、橋を渡って旦那の勉強部屋に行くので、ちょっとした工夫をしたというのです。

雲南省特有の、米から作られた細い麺なので、まず、麺が伸びてしまわないように、麺とスープは別に用意。そしてスープが冷めないように、土鍋を使用。また、スープは、温度が下がらないように、鳥を煮込み、その脂でスープの表面に膜を張るようにした、つまり、冷めないように、麺がのびないようにと工夫を。

熱々で美味しく栄養のあるものを、と思いついたのがこの料理だそうで。これを食べ、主人は無事科挙に合格したのだとか。

こんな由来のある“過橋米線”、豚肉、にら等々をしゃぶしゃぶのようにして入れ、お店の人に取り分けてもらい、早速頂きまして。

まずスープ、黄色くなるほど良く煮込んだ鳥の脂と出汁の良く出たスープ。シンプルに美味しい。そして麺は前述の通り、独特の丸みのある麺。米から作ったというよりは長崎の五島うどんに似たイメージ。

途中で辛味油を入れて食しましたが、これまたパンチが効いて美味い!あっという間に頂いてしまいました。ここ、ランチもやっているそうで。過橋米線、昼ごはんに食べると、相当幸せではなかろうか?

しかし食べた食べた、うーむ満腹、と思っていたら、なんとデザートも二品(笑)。あのー、えっと、ワタシ、ダイエット中じゃなかったかしらん・・・・・。ははは・・・・・。

でも当然二品とも食し(・・・・・)、お茶を頂いて、完食。

雲南料理、あっさりと上品な味付けで、素朴な印象。とても美味しく頂きました。

この間3時間と少し。話題は、ほぼ食べ物の話(笑)。夏休みに一人で上海食旅行にでかけ、翌日から家族で香港に出かけるH師匠をはじめ、HMさんの艶やかな中華料理のお話、Kさんの様々な造詣の深い食話、上海に行くというHっちの話、トスカーナ料理を勉強しているというHKさんの話等々、本当に楽しく拝聴させて頂きました。

美味しいものと美味しいものの話、満喫。

Hさん、いつもながらありがとうございました。

|

« 神楽坂にて、まったり | Main | 曼餃苑が »

中華」カテゴリの記事

Comments

ハチノスも茸も鮑も牛蛙も麺もめちゃんこ美味しそうだ~!
  Hさん、早く私も誘って下さい!!!

Posted by: TOMTOM | September 20, 2006 at 12:43 PM

ウマイ物がある時はダイエットなど
気にせずお食べ下さい(笑)

「過橋米線」美味しそうですね。
ランチもやっているのなら手頃な値段で食べられそうですし
今度近くへ行ったら寄ってみます。

Posted by: こじやん | September 21, 2006 at 01:09 AM

TOMTOMさま

こんばんは。雲南料理、初めてでしたが、どれも美味しかったです。Hさん、近々TOMTOMさんと再訪すると言われてましたよ。過橋米線、独特の麺で、面白い味わいでした。

ではでは。

Posted by: | September 25, 2006 at 01:18 AM

こじやんさま

過橋米線、初めて食べましたが美味しかったです。ランチ、ワタシも既に狙ってます(笑)。末広町の駅から近いので、是非是非。

では。

Posted by: | September 25, 2006 at 01:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94834/11966430

Listed below are links to weblogs that reference 過橋米線@末広町:

» 豚耳 [ファーストフード Gメン]
おやつを与えるなら健康に良いものを.これはどの飼い主の方もおなじ考えでしょう.カルシウムやタンパク質タップリな骨やアキレス、コラーゲンの宝庫といわれる豚耳などは、最適のおやつと言っていい [Read More]

Tracked on September 27, 2006 at 04:27 PM

» 過橋米線 [カンマネの安心できるかわからないブログ]
展示会のラッシュ。休みはしっかり休もうと思ったんだけどそうもいかなくなった。朝一で六本木へ。某社の戦略にはまってるのか解らないが取り敢えずは展示会には行っておいた。 今日は営業副本部長とも一緒。もう1件行った後に昼飯の提案。今日は深川丼ですか、それとも....... [Read More]

Tracked on October 10, 2006 at 09:43 PM

« 神楽坂にて、まったり | Main | 曼餃苑が »